留学する前に日本で準備しておくべきことはたくさん

留学前には、語学力の再確認などたとえ短期留学でも準備しなければいけないことがたくさんあります。特に、モバイルなどの充電に対応できるよう変電器も準備しましょう。

アメリカで携帯電話がない場合とある場合の違い

日本にいる家族と連絡が取りにくくなる

滞在先にもよりますが、携帯電話を持たなかったことで日本にいる家族と連絡が取りにくくなります。webなども確認できなくなるため、「わからない単語」などを検索することも大変になるでしょう。もちろん、メールやSNSへの接続もできないため、パソコンを経由するというよう面倒なことにもつながります。

友人と連絡が取れるようになる

携帯電話があれば、アメリカで知り合った友人などと連絡が取りやすくなります。Facebookなどを経由するなどアメリカでポピュラーなSNSを利用して連絡するなどの幅が広がります。日本の携帯電話番号さえあれば通話も可能ですので便利に利用できることでしょう。

生の英語を知る

study abroad

英語を学習して会話ができるようになるには、アメリカへの留学が効果的ですが、若者を中心に人気のあるプランです。パスポートを準備して住む場所を決めたり、日程を調整すれば留学に出発したりすることが可能ですが、事前にインターネットなどで現地の情報を仕入れておけば、楽しみも増やすことができます。アメリカは旅行で訪れる日本人も多く、刺激的な街がある場所ですから、日本ではできない体験をしたり生の英語に触れたりすることが叶いますので、アクティブな人にはぴったりな留学先です。また、都市部には様々なお店があったり、レベルの高い学校がいくつもあり魅力に溢れていますから、異国の中でも注目されています。アメリカでの体験は、英語を習得するきっかけや自信につながりますし、自身の価値観や性格を変えたい人には最適ですから、留学先としてはとても人気があります。

利便性を生かせます

日本からの旅行先としてアメリカは、利便性があり渡航しやすいのでおすすめですが、治安や生活スタイルの違いには気を配る必要があります。何らかのサービスを受けたらチップを支払ったり、日本とは逆の道路の利用方法を理解したり、公共のトイレなどの使用方法に気を配れば、スマートに生活に溶け込むことが可能です。留学の準備のひとつに、その土地の習慣への理解もありますので、アメリカの生きた情報を知り活動することも大切です。また、日本ではできない華やかなファッションにチャレンジしたり、異性とのコミュニケーションを体感したりすれば、アメリカの魅力を再発見することが可能です。日本を離れて留学をすると、とても開放的な気分になりますが、英語を習得することが第一の目的ですから、決められた期間を有意義に活用する工夫が欠かせません。

広告募集中